FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信州戸隠トレイルランレースに参加してきました(25日)



初の50キロ
前日受付を行い、レース説明を受ける。
ハチに注意、熊に注意、特にハチには要注意との事なので、説明後にインセクト ポイズン リムーバー(刺された毒を吸い取る器具)を購入。
登山でも使う可能性が高いからね。



参加賞はTシャツ
数年前にショートコースに参加した時のTシャツはとても着る気になれなかったものだったけど、今回のTシャツは中々良い。
サイズが大きいのは以前と同じ、ワンサイズ小さめにすればよかったな。



当日3時に起きて準備。
今回は新たな試みで補給を全ておにぎりにする事にしました
コンビニおにぎりじゃ口に合わないので、炊飯器といつも食べている米を持ち込んで本格的に作成。
食べやすい1口おにぎりを作る予定が2口、3口おにぎりになって少し萎える・・・。
具はごましおと梅干し、計9つくらい作ってラップでつつんでバックパックにほりこむ。



会場到着
例年戸隠スキー場からスタートだったのが、今年からは中社スタート。
スキー場から中社まではシャトルバスで移動。



今回はスポーツドリンク1.3リットル、おにぎり9個、炎熱サプリ、コムレケア、ウィンドブレーカー、救急セットを持参。
雨の心配はなくなったのでレインウェアは持参せず、雨が降ったらウィンドブレーカーで代用。



スタート前の中社
IMGP2049.jpg
よし、頑張る



第一エイドまで24キロ、それまでに大きな山が2つ、ここが肝。
作戦は温存、温存、とにかく温存。




スタート直後
IMGP2051.jpg
この辺りはまだまだ渋滞



中社からスキー場まで林道を進む。
IMGP2053.jpg



登りは無理せずに歩いてるとあっという間に最後尾(笑)
これはいかんとスピードアップしスキー場到着。



雨続きだったので、朝日が気持ちいい
IMGP2055.jpg



ほどなく登り開始
IMGP2059.jpg



登り切ったらいっきに開ける
IMGP2061.jpg



景色が最高
IMGP2068.jpg



ここから急登
IMGP2070.jpg



振り返るとこんな景色
IMGP2069.jpg



山頂近くのスタッフさんが大声で雄たけびを上げてくださっていて元気が出ました



1つ目の山頂
IMGP2072.jpg



ここから一転、急降下、スキー場下り
2年前に同じコースを走ったのですが、その時はうまく走れずブレーキを掛けてばかりでした。
しかし、今回は急な所以外は気持ちよく走ることができました。
少しは成長してますね



1つ目の山をクリアし、次の山へ向かう。
IMGP2073.jpg
まだ体力、筋力共に余裕あり。



IMGP2076.jpg



ススキの道を下っていく
IMGP2078.jpg



ここでミス、道を間違える。
ススキの途中で左に曲がるはずが、直進して道路まで下りてしまう。
道が分からず探していると、間違っていると後ろにいた人がわざわざ教えに来てくれました。
感謝感謝、助かりました
10分ほどのロス。



レースコースに復帰すると、小川沿いの気持ちいいトレイル
IMGP2080.jpg
ですが、気持ち的にちょっと萎えて歩き多目に・・・。



ここで前にも後ろにも誰もいない状況になり、2つ目の山登り開始。
どうやらブービーみたいで最後尾の人とは離れているのでスイーパーさんが後ろにつきました。
色々伺うと、前半キツイのでそこで使い果たすと後半走れなくなる。
後半しっかり走れないとキビシイとの事。



2つ目の山。
1つ目の山にハイカーさんは皆無でしたが、こちらはハイカーさんがちらほら。
ゆっくりゆっくりマイペースで登られてる姿を見て我がふり直して、こちらも小幅マイペースを肝に銘じる。
それでも途中で一度足を攣ってしまう。


下が岩場に代わってから一人抜かし、スイーパーさんとさよなら。
ここらでミドルコースのトップが追い抜いていく、息も乱れていない(笑)



開けたところで一休み。
IMGP2084.jpg
ロングコース最後尾組でそろって一休み、私を含め4人。



景色が素晴らしい。
IMGP2083.jpg



少し行くと、まだ登るかと思いきや山頂まで行かず下り。
IMGP2085.jpg
富士山が見えました。



下りに備えて1回目のコムレケア投入。
1日3回処方なので距離が長い場合温存しないといけません。



さて、下り。
濡れた岩場なので一歩一歩慎重に下る。
しかし、ミドルコーストップグループは全力で下っていく
トップグループの下りを初めて見たが、何だこれって感じ(笑)
それくらい全速力で下っていく。
地面が濡れていようが、岩が濡れていようがおかまいなし、大股で全速力
着地点をちゃんと見てるのかというくらいのスピード、素直に凄いと見とれてしまった。



さすがに岩場では真似できなかったが、トレイルに戻りこちらもスピードを出していく。
ミドルコース猛者に抜かれても勉強にと軽くついていく。
おかげでロングの数人を抜かすことができた。
また、ハイキングの方も非常に多く、道を譲ってくれたり応援してくださる方が非常に多くパワーを頂きました



2つ目の山終了、ここでミドルとお別れ。
登りも下りもハードだったこの山、相当な疲労が蓄積してます。
スタッフの方にエイドまで何キロか聞いたところ「あと5キロ」との返答が・・・。


ここからは林道、道路を通ってエイドまで
IMGP2087.jpg
数百メートル先に一人、数百メートル後ろに一人という状態で進んでいく。



エイドの関門が12時(スタート後5時間)なので11時半を越えて焦ってくる。
走らないといけないが足がついてこない。
横にいた人に話を聞くと「関門は走らないと間に合わないですよ。関門からも走れないとキビシイコースだから」とスイーパーの人と全く同じことをおっしゃってました。



最後の登りを越えてエイド到着が11時58分、ギリギリ。
トイレに行きたかったが、100メートルほど戻らないと行けない為断念、それくらい筋力的にキツクなってました。
エイドではコーラが体にしみるくらいうまい、何杯もおかわり。
ここまでおにぎりを3つ食べたので、新たに3つを食べやすいように胸ポケットに移動。
出発!



戸隠古道を進む。
IMGP2088.jpg
気持ちよいトレイル。



エイドから再びミドルと合流。
ミドルとロングはこの時点で10キロ差があるので、ミドルは元気満点。
ミドルに引っ張ってもらって何とか走る、それでも登りは走れず置いていかれる。
エイドから宝光社は走れるトレイルだけあってキツイです、休むタイミングが全くなし。



宝光社到着。
IMGP2091.jpg



リンゴを頂き、トイレを済まし、階段第二段挑戦!
IMGP2093.jpg



宝光社を後にし、林道を通り中社付近まで行って再度林道へ。
アップダウンが厳しく足がパンパンに。
カフェが出していた個人エイドの飴の甘さが体に染みる、うまい
感謝感謝



小鳥ケ池横を進む
IMGP2096.jpg



ここからハイカーさんが多くなってくる。
アップダウンがきつくなり、前方に居たロングの人が見えなくなったので、下りで盛り返すためにスピードアップ。
ほどなく第二エイドの鏡池に到着、鏡池の写真を撮る体力さえない状態。



ここでもコーラが至福でお代わりを何杯も貰う。
ここまで32キロ、経過時間7時間。
残り17キロ、残り時間3時間。
コムレケア第二段を飲んで、少し休んで出発!



出発後すぐに水たまりがあり、既にどろどろだから気にせずに進んだらまさかの足首までズブッと・・・、萎える萎える
また、コムレケアを飲んだにもかかわらず腿前の筋肉が痛いままで何ともならなくなってしまい、歩くことしかできない状態に。
ミドルと分かれ、前も後ろも人がいない状態に、それでも前に進むしかない。



戸隠神社奥社の随神門前でパシャリ
IMGP2101.jpg
笑顔ですが精根尽き果てています。



ここで猿を撃退していたスイーパーさんと次の関門の事と最後の山の事を聞き、歩きながら考える。
先に進むもどろんこのところや川のようになっている所が多数あり。
そして全く走れず、かろうじて歩ける状態。
時間もどんどん過ぎて、山登りも怪しくなってきたのでリタイアを決める。



丁度スイーパーさんがものすごい速さでやってきて、次のエイドの関門が15時と伝えられるが「次でリタイアします」と伝えると、「お疲れ様でした」とものすごい速さで去って行きました。



第三エイドに着いたのが14時58分くらい、リタイアを伝えました。
関門の15時は、第三エイドに着いて牧場一周(3キロ)して戻ってきての15時でした。
どちらにせよ関門で駄目でしたね。
車で戸隠スキー場まで連れて行ってもらい終了。



           24キロ       32キロ       37キロ
スタート  →  第一エイド  →  第二エイド  →  第三エイド
     4時間52分    2時間7分      56分

7時間55分でリタイア。
今までのレースで一番体が動かなくなりました。



まだまだ50キロは早かったという事ですね。
山は登れて下れても、その後走れない・・・。
体力、筋力不足を痛感しました。
こなせる練習しかしてなかったのも原因の一つですね。
追い込むことも必要かと思いました。



来年のSTYはなくなりましたね、体力的にも無理でしょう。
しかし諦めませんよ、まだまだ頑張ります!



1口おにぎりは正解!
今後も頼りになりそう。
ただ今回は2口、3口と大きめだったので食べにくい食べにくい(笑)
ハチはちょろっと居ましたが刺されるほどでなく気にもなりませんでした。



これで今年のレースは終わり、来年は3月の新城32キロから始めたいと思います。



大会スタッフの方々、ボランティアの皆さん、スイーパーの方々、地元の方々、ハイカーの皆様、有難うございました



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuiterutuiteru4976.blog.fc2.com/tb.php/104-8583ad7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。