FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.06.20 トレラン復帰
7ヶ月ぶりのトレラン、場所はもちろん多度山。


天気が良く、気温もそれほど高くなく絶好のトレラン日和(6月17日
IMGP2320.jpg
体重は2、3キロ増えたので、膝のダメージがキツイです^^;
この年になると中々痩せないですね・・・。



雨不足のせいか水量がえらい少なかったです。
IMGP2324.jpg



いつも水深1メートルほどありそうなところですが、干上がる寸前
IMGP2325.jpg
普段は看板の向こう側が全部池のようになっています。



さて、久しぶりのトレランはさすがにキツク、歩いては走り、走っては歩きの繰り返し。
一番キツイ登りは全て歩きでした^^;


それにしてもトレイルランナーが増えましたね。
run+trailで三重県特集があったからなんでしょうか。



途中、新しいベンチが設置されていたりと目新しい所もチラホラ
IMGP2328.jpg



IMGP2330.jpg



山頂はハイカー、トレイルランナー、MTBで一杯、ベンチも満席。
ゆったりするのも申し訳なく、一休みして出発。


帰りはさすがに疲れて歩き基調。
黒石尾根コースでショートカット、途中ガサガサと大きな音。
シカでもなくリスでもなく、四つん這いの動物、イノシシ???



スタート近くの川まで降りてきて、イタチを発見。
野生のイタチを見たのは生まれて初めて、何かを捕まえて咥えてた模様、こちらをチラチラ見ながら去って行きました。


いや~疲れました、足バッキバキ。


今回からインナーにも化繊を着てみましたが、特に問題ないですね。
両肩にたっぷりとワセリンを塗ったのが良かったみたいです。



ここからちょっと脱線、宝暦治水事件について。



山頂にある宝暦治水の解説板
IMGP2331.jpg



事実は解説板とは異なり
関ヶ原の戦いで西軍についた薩摩藩が取りつぶしをされず存続を許されていました。
幕府は目の上のたんこぶである薩摩藩に嫌がらせ(藩の力を削ぐため)として木曽三川の治水工事をやらせました。
工事中も幕府は地元民を雇って高給を与えよと指令を出し、完成した堤を幾度も壊したり嫌がらせが続きます。
また重労働にも関わらず、食事を一汁一菜と規制しさらに蓑、草履までも安価で売らぬよう地元農民に指示しました。
度重なる幕府の嫌がらせ、無理難題に「幕府と一戦交えよう」という声も上がりますが、そんな事をすると薩摩藩が取りつぶしになります。
そこで薩摩藩士は幕府への抗議として次々と自害を図ります、その数61名。
また慣れない土地のせいか、赤痢が発生し、32名が死亡したと言われています。
この工事は一定の成果を上げ、治水効果は木曽三川の下流地域300か村に及びましたが、長良川上流域においては逆に洪水が増加するという問題を残しました。
明治以降に再度工事がされ、現在の姿になりました。


解説板では説明しきれない悲劇があったんですね。
薩摩藩士の無念が後の明治維新の原動力にもなったのでしょう。


宝暦治水事件の詳細は→コチラ←を参照してください。


また、薩摩藩士殉職者を「祭神」として顕彰するために「治水神社」が建てられました。
場所は木曽三川公園の南側です、こちらも機会を見て訪れたいと思っています。


最近この話を知って、そう言えば多度山頂にそんな事書いてたよな~と写真を撮った次第です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuiterutuiteru4976.blog.fc2.com/tb.php/118-c0e16715
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。