FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.12 南木曽岳
南木曽岳に行ってきました、久しぶりの単独行。

8時半名古屋出発、10時過ぎ駐車場着

上2つの駐車場は満車、一番下の駐車場に駐車して出発!
IMGP0438.jpg  IMGP0445.jpg


自然探勝園を通り登山口へ。
途中2人とすれ違う、早朝スタート組みかな。


まだまだ穏やかな登り。
IMGP0452.jpg  IMGP0466.jpg

IMGP0467.jpg  IMGP0469.jpg


登山道と下山道の分岐、左の道から登って帰りは右から下りてきます
IMGP0472.jpg


ここから道幅が狭くなり、険しくなっていく。
そりゃ一方通行にしないと危ないよねって感じです。


IMGP0477.jpg  IMGP0478.jpg  IMGP0481.jpg

IMGP0483.jpg  IMGP0485.jpg  IMGP0486.jpg


心細い木橋や木梯子がかなりコワイ、緊張感を持ちながら進む。


急登の木階段
IMGP0496.jpg


木階段が2、3度続き鎖場登場!
IMGP0497.jpg

左が鎖場、右は木階段、どちらからでも登れる親切設計♪

人はいないし、せっかくなんで鎖場をチョイス
IMGP0498.jpg


登ってる最中に思い出した、自分が高所恐怖症だった事を・・・どんどん恐怖心が湧いてくる・・・。
そこからは全く下を全く見ることなく、一心不乱に登り何とかクリア。


ここから先はジグザグ急登、小さな花を愛でながら登っていく。
IMGP0520.jpg  IMGP0508.jpg  IMGP0529.jpg


たまに出てくる木階段の歩幅が広く耐久性も難ありなので慎重にいかないといけない。
しかもずっと急登、キツイキツイ。
ここが一番の頑張り所!


かぶと岩を抜け眺望がいい大岩で休憩。
IMGP0539.jpg IMGP0540.jpg IMGP0542.jpg
南アルプス                                 恵那山

南木曽岳山頂
IMGP0558.jpg
残念ながら眺望はなし

ここで先に到着していた3人(2人組と単独さん)と仲良くなり以後同行する事に。
内2人は経験豊富な方々で様々な山の経験談を聞かせてもらいました。


岩場の展望台からの眺め、素晴らしい眺め
IMGP0564.jpg
御嶽山と乗鞍岳


IMGP0562.jpg
御嶽山アップ


絶景と避難小屋
IMGP0571.jpg


避難小屋
IMGP0572.jpg  IMGP0584.jpg
“いいちこ”がいい味出してます


IMGP0573.jpg  IMGP0574.jpg

眺望が素晴らしい
IMGP0576.jpgIMGP0577.jpgIMGP0578.jpg


ベンチで昼食
IMGP0581.jpg  IMGP0583.jpg
バーナーがない私にとってはあこがれの食事。
購入きっかけを聞くと、以前山の昼食時に隣で作っていた味噌煮込みうどんの食欲をそそる臭いがたまらなく一式そろえたとの事。
確かに隣でおにぎりを食べてるとたまらなくいい臭いがしてきます。
バーナーデビューが近くなりそうです

それともう一つ、今まで謎だった事が明らかに。
“カップラーメンなどの汁はどうするのか?”
ずっと疑問だったんですが、全部飲むとの事、納得です。


さて下山
IMGP0588.jpg  IMGP0589.jpg  IMGP0590.jpg

IMGP0591.jpg  IMGP0595.jpg  IMGP0596.jpg

登りが急なら下りも急、まさにそんな感じ。
木階段が恐い恐い、よくもまあこんな急にしたなと。

下りで汗をかいたのは珍しいってくらい汗が出た。
登山口についたころには足がガクガクでしたよ。


登山口~山頂 1時間46分
昼食、休憩  1時間
登山口まで  1時間20分


登り、下り共にキツく体力的にも筋力的にも十分ではないとお勧めはできない場所でした。
その代わり眺望は素晴らしいの一言。
避難小屋が大きくしっかりしているので、夏場なら昼過ぎに登って頂上で一泊し日の出を見てから下山というのもいいかもしれません。

また行きたいと思う素晴らしい山でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuiterutuiteru4976.blog.fc2.com/tb.php/34-c759fc6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。