FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度集落に入るとこのような看板が
IMGP1699.jpg



「その1」で書くのを忘れてましたが、湯の峰から赤木超分岐までの道中で「ぱーーーん!!」という銃声のような音が定期的に鳴っていて、狩猟でもしてるのかなと思っていましたが、これでしたね。



と一人納得していたら「ぱーーーーーーん!」とすぐそばで大きな音。
これは心臓に悪いとすぐに立ち去りました(笑)



暖かくなってきたのでこの格好に。
IMGP1704.jpg



集落ですが、所々に無人販売所があったり、綺麗な花が植えられていたり見所が多く面白いです。
IMGP1708.jpg
無人販売所では梅干し、かんきつ系の果物(名前忘れました・・・)などが売られていたのが多かったです。




見事な桜
IMGP1714.jpg
右手が伏拝王子、トイレ、売店があり休憩可能、バス停もあります。
ここら辺りからハイカーの方々が増えてきました。



水呑王子から伏拝王子までが39分。



再度ハイキング道に入り三軒茶屋跡を通り大斎原が展望できる道との分かれ道
IMGP1724.jpg
左が展望台、右が熊野古道、当然展望台に寄り道です。



展望所、遠くに大斎原の大鳥居が見えますね。
IMGP1726.jpg



ここからは下り基調。
ほどなく行くと祓所王子
IMGP1733.jpg  
熊野本宮大社に参拝する前にここで“つみ・けがれ”を祓ってから参拝します。



熊野本宮大社到着
IMGP1736.jpg
はい、いつもの(笑)



こちらから参拝したのは初めてでした。
丁度本殿の裏手になるので、階段を上らずに参拝でき、疲労困憊の私たちにはありがたかったです。



快晴とあって参拝されてる方がたくさんいらっしゃいました。
IMGP1737.jpg



ここで出発直後の湯の峰で追い抜かれた外人さんカップルに遭遇し、相方が目があった際にニコっとほほ笑んでくれたそうです。




一般的にはこちらから参拝します。
IMGP1739.jpg
たくさんの人が撮影されていたので控え目です(笑)




大斎原も参拝
IMGP1743.jpg
桜はまだまだですね。



ポカポカ陽気だったので、のんびりとされてるカップルや家族ずれが居ました。
ここの空気は本当に気持ちいいです。
伏拝王子から大斎原までが1時間18分。



さてラストの大日越、登りから。
IMGP1744.jpg



いい雰囲気の石段を登って行きます。
IMGP1745.jpg



結構な登り。
IMGP1746.jpg



さすがにヘロヘロになりながら何とか登り切り、一気に下り、湯の峰到着。
P1000907.jpg



大斎原から湯の峰温泉までが1時間45分。
コースタイムはハイキングで5時間の所を7時間10分でした。



「熊野古道」と言われてイメージする熊野古道ではありませんでしたが、登山道、林道、舗装路、集落と色々な顔が見れて楽しかったです。
道が狭いのでトレランには向かないなぁと思いました。
今回のように登山道やハイキング道は歩きで、舗装路や集落ではランニングというのが良さそうです。
今後も大斎原や湯の峰温泉には行こうと思っているので、機会があれば逆回りも面白いかもです


結構強い日差しだったにも関わらず皮膚炎は悪化せず、汗をかかないような気温だったのも幸いしました。
いい感じです

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuiterutuiteru4976.blog.fc2.com/tb.php/89-5f349f40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。