FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士忍野高原トレイルレースに参加してきました(6月4日、5日)


前日受付、ドーンと富士山
DSC_0177.jpg




受付を済ましコース説明を聞き福田六花さん北島良子さんのトークショー
DSC00966.jpg



福田六花さんのライブも堪能しました。
DSC00978.jpg



宿で準備、ここでレース当日は雨だと気付く
アホな話ですが、ずっと天気をチェックして晴れだったので気にもしてなかったのですが、当日は雨とか・・・。
雨は全く予想してなかったので、慌てる慌てる
レインウェアは持ってきていますが、どう考えても暑い、秋用の撥水ウェアもあるけど、これも暑い。
夏用のレインウェアがない・・・うーーーーん。
まあ無いものは仕方ない、レインウェアで行くか秋用の撥水ウェアで行くかは当日決める事に。
就寝



当日朝、雨、寒い。
半袖予定を長袖に、雨具にレインウェアを選択。



現地到着
アナウンス「雨の為ロングコースは中止、ミドルコースに変更します。スタート時刻も30分延長します」
おー助かった、ミドルなら余裕を持って参加できる!
結局私も相方もミドルコース。
現地で簡易カッパを売っていたので購入、袖なし、袖ありが売っていたので袖ありを購入。
IMGP1845.jpg
ずっと雨だったのでレース写真はほとんどなしです



ロング第1グループスタート
IMGP1842.jpg



スタート待ち
IMGP1848.jpg



スタートし川沿いの土手を数キロ走る、周りのペースが速く、既にオーバーペース。
林道に入り本格的な登り開始。
周りは走って登っていましたが、このままだとヤバイと歩きに変更。



登り、道がドロドロぐちゃぐちゃで滑る滑る、踏ん張りが効かず足の力をかなり消費。
何とか第1給水所の立ノ塚峠到着、既に疲労感あり。



ここからは下り基調、ドロドロぐちゃぐちゃは変わらず。
しかしぐちゃぐちゃが下り着地時の膝ダメージを軽減してるのか意外に走れる。
それでも既にふくらはぎに張りが・・・。


第2給水所の二十曲峠で補給。
ここからも下り、少し出発した所でふくらはぎがピキっとなったので雨の中コムレケアを補給。
リュックの中に入っていたので、雨具を脱いでリュックを開けてと相当なタイムロス。
簡単に取り出せる所に入れておかないと駄目ですね
コムレケアのおかげでふくらはぎがほぐれて来たので下りは飛ばす。



山を抜け舗装路で次の山へ向かう。
ここで後ろに大きな歓声が沸いたなと思って、そのまま走っていると福田六花さんに追い抜かれ前の人に声をかけてる。
見てると全員に声をかけてる様子。
えっ・・・俺声かけてもらってないけど・・・。


と思っていたのですが、どうやら声をかけたもののカッパのフードのせいで私に聞こえてなかったみたいです。
福田六花さん、ごめんなさい、無視したわけではないんです、聞こえなかったんです
印象最悪だろうな・・・すいません。
ちょっと気になっていたので書きました、少しすっきり。



ショートとの分岐を抜け牧歌的風景内を走る(歩く)。
トイレ休憩し雨がやんできたのでカッパを脱ぐ。
またコムレケアをすぐ出せる所に移動。
IMGP1849.jpg



登山道に入り登り。
ドロドロぐちゃぐちゃは変わらず、つづら折りに登って行く。
足の疲労がひどく、登りの途中でコムレケア第2段を投入。
ここで「あー、そうだった。足じゃなくてお尻で登るんだった」
と今更ながら原点回帰。



途中景色が開け、山中湖が
IMGP1854.jpg
ガスってますが、レース中一番いい景色でした



そして木階段が始まる。
IMGP1853.jpg
見えてませんが木階段がどーーんとそびえ立っております。



この木階段、相当キツイ。
一歩一歩が大きく、大股になるとすぐに足がピキっとなる。
ゆっくりゆっくり登って行く、しかしクリアしてもまた木階段、登り切っても木階段、木階段地獄。
筋力的にここが一番きつかったと思います。



やっと登り切って下りが始まっても木階段、こちらはスムーズに下れました。
林道に入ると砂利道なので下りで結構な膝にダメージが来る、おまけに下りの角度もキツイ。
ここで両足親指がまたまた黒爪になってしまいました



最後の給水所を越えて田んぼ道を走る。
あと5キロと出るが5キロが遠い・・・。
ここまでくると体力的にも、筋力的にも限界、少し走って少し歩いての繰り返し。
ロングコースなら確実にリタイアしてたとずっと思ってました、ミドルでも相当キツイです。


スタート後に通った川沿いの土手を戻る。
歩いて走って歩いて走っての繰り返し。
何とか3時間55分でゴールしました
豚汁で体を温め車で待機。



相方大丈夫かな、相当キツかったからリタイアしてるんじゃないかと思いつつ待機。
そろそろ会場に行ってみるかと歩きだした時に相方から着信。
「あと2キロの所まで来た!」
マジか、ゴール前の沿道で待つ事に。



するとゲストランナーの北島良子さんがやってきて。
「ラストランナーがもうすぐ来るって」
「それ相方ですわ」
「えーーーー本当」
とおしゃべりしながら一緒に待つ事に。
今回のレースの木階段の事、残り2キロ表示が2ヶ所あった事などなどたくさん話が出来ました。
また、北島良子さんは野麦トレイルでもゲストランナーで参加されているので、昨年の野麦の事、第1回野麦でトレランデビューをした時の事、その時のふかふかトレイルの話などで盛り上がりました。



すると見覚えのある姿が遠くに。
IMGP1856.jpg
相方来た、しかも限界のはずが走ってる




IMGP1858.jpg




IMGP1861.jpg



ラスト北島良子さんと並走している所を写真に撮っていたら、スイーパーの方が3人で走っている所を撮りましょうかと仰っていただき、3人での写真も撮る事が出来ました。
また北島良子さん自身がラスト撮ってあげるよと仰って頂き、ラストを撮っていただきました。


ゴール
IMGP1874.jpg
皆さんが輪を作ってくださいました



いや~相方頑張った
今まで走った事のない距離をラストランナーとはいえ制限時間の余裕を持っての完走、素晴らしいです



雨でコース変更がなければロングコースの方がラストランナーになるはずですが、今回雨でミドルコースがラストランナーに。
こんな事は二度とないと思います、いい経験が出来ました。



運営の皆さま、ボランティアの皆さま、相方をずっと見守ってくださったスイーパーの皆さま、写真を撮ってくださったスイーパーの方、福田六花さん北島良子さん、楽しいレースをありがとうございました
そして素晴らしい経験をありがとうございました


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tuiterutuiteru4976.blog.fc2.com/tb.php/95-bdb9ff31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。